ブログ初心者でも簡単!検索需要が1000%超えのアクセスを集めまくれるネタを1週間以上前から見つける方法!

こんにちは。ミレーです。

僕はブログで月収300万円超える事が出来ましたが、
初心者の時は全然稼げなかったという事もありませんでした。

初心者の時から稼ぎやすかったネタを書いていたからです。

 

しかも、
事前にアクセスが来ることが分かる都合の良いネタだったので、
時間に余裕を持って書けました。

 

ブログ初心者で副業としてやっていると、
「トレンド的なネタは時間がない」とか
「何を書いたらいいか分からない」という
悩みがあるものです。

僕は初心者の時にネタでどれを書いたらいいのかで、
迷うことが多かったです。

でも、アクセスが来ると分かっているとネタに迷いません。

 

そのネタというのが、
映画です。

映画を見て気になったことを書くだけです。

 

もちろん、映画であれば何でも良いという訳でもなく、
アクセスが来る映画のネタです。

そこで今回は、
アクセスが来る映画ネタの探し方について書いていきます。

1つの映画でいくつも記事を書くことが出来るので、
ネタに困ることもなくなります。

映画は過去の事例からもヒントを得られやすくて初心者でもアクセスを集められるネタなので、
ぜひ読んで実践してみてください。

初心者でも映画ネタで稼げてしまう理由

もちろん映画ネタであれば何でも良いという訳ではありません。

初心者でも書きやすい映画があります。

 

それは、テレビで放送される映画です。

テレビ放送なので、
事前に放送予定を調べておけば何の作品が放送されるかが分かります。

 

例えば、金曜ロードショーとか土曜プレミアムとかだと放送ラインナップが分かるので、
放送される日までに記事を書くことができます。

この前もテレビで「ボヘミアン・ラプソディー」が放送されていました。

放送された時にボヘミアンラプソディーに関する検索量が急増したのが分かります。

過去5年間で一番検索されたのは上映されてた時ですが、
上映が終わってから今回の放送が一番検索されています。

なので、テレビ放送される映画というのは、
放送日に検索されることが分かっているんですね。

 

僕はブログ初心者の時は放送される映画をチェックして、
事前に作品を見てから気になったことをネタにすることでアクセスを集めることができました。

 

金曜ロードショーとか土曜プレミアムなら1週間は時間があるので、
その間に映画をレンタルでもamazonプレミアムみたいなサービスとかで事前に観ておきます。

見た後で放送される映画について何記事も書いておけば、
放送当日から翌日はアクセスが良く来てました。

ヒット作品であれば放送される度に検索もされるので、
映画ネタは書いてください。

アクセスを集められる映画ネタの探し方

映画ネタの探し方は前述でも書きましたが、
テレビ放送される映画です。

特におすすめな映画は2つあります。

 

一つは
地上波初放送
の作品です。

地上波で放送されて初めて見る人が多いからです。

前述の「ボヘミアン・ラプソディー」は地上波初放送でした。

だからこそ、
過去に上映されていたボヘミアン・ラプソディーに関する検索需要が急増したんですね。

 

2つめのおすすめな映画は、
昔の作品です

昔の作品ってどのくらい昔かというと、
今ほどネットが当たり前ではなかった頃に上映された作品です。

 

例えば、
「タイタニック」とかです。

タイタニックは上映当時に大ヒットした作品なので、
今更タイタニックのことを書いても遅いように感じます。

 

しかし、タイタニックが上映されていたのは1997年です。

24年前です。(執筆現在2021年)

24年前なんてスマホどころか、
ネットを使う人もまだ少ない時代です。

ブログもなかったはずです。

 

まだネットが普及してなかった時に上映された作品は、
記事を書いている人が少ないので、
初心者でもアクセスを集めやすいネタになるということです。

タイタニックは2021年5月に放送されたのですが、
過去5年間の検索需要を見ると、
放送された時がもっとも急増したのが分かります。

検索されたキーワードの需要が放送によって急激に上がったことが分かります。

 

もちろん、初放送や昔の作品でないとアクセスを集まられないという訳ではありません。

地上波初放送と昔ヒットした作品が一番アクセスを集めやすいという事です。

 

あとは検索需要で言うなら、
テレビ放送ではなく上映されたばかりの映画を見て記事にするのも有効ですね。

上映されたばかりの作品はまだ記事にしている人が少ないからです。

 

ではここからは、映画の何をネタにしたら良いかという話をしていきます。

ブログ初心者が映画ネタを書くなら、
大手サイトや上級者が書かないネタを書いてください。

例えば、映画のキャスト(出演者)やあらすじは、
映画の大手サイトや上級者でないとアクセスを集めることができません。

 

初心者が書くべきは、
映画を見て気になる事です。

テレビ放送で映画を見た人が、
作品を見た後に検索することをネタにします。

 

例えば、映画を見て気になる事と言えば、ってくらい
よく検索されるのは
「ラストシーン(最後のシーン)」に関することや、
「(特定のシーンの)意味」が多いです。

あとは、
「あの人は死んだのか?」もありますし、
「続編があるのか?(続編を匂わす終わり方の時とか)」
もありますね。

 

先ほど例に出した「タイタニック」なら、
「タイタニック ラストシーン 意味」
「タイタニック 最後のシーン 意味」
「タイタニック 最後 意味」
「タイタニック 最後 ローズ」
「タイタニック ラストシーン ネックレス」
「タイタニック ネックレス 最後」
「タイタニック ネックレス 捨てる」
「タイタニック ネックレス なぜ」
というキーワードがあります。

 

大手サイトや上級者は、
作品を見て気になる上記のような細かい内容は扱いません。

ですが、テレビで放送されると細かい内容の検索需要が出てきます。

大手サイトが扱わない内容だけど需要があるので、
初心者でも記事にしてアクセスを集める事が出来るということです。

 

テレビ放送であれば、
映画館で見た人たちが気になったことを検索してるので、
放送される前からサジェストにも検索されたキーワードが残ってます。

なので、テレビ放送の映画をネタにする時は、
検索キーワード(気になること)のヒントにもなるんですね。

 

あとは、ライバルが少ないという条件が揃えば、
テレビで放送された当日から翌日はアクセスが集まってきます。

映画ネタの探し方のまとめ

映画ネタはテレビで放送される映画を事前に見て気になることを書いてください。

特に地上波初放送や昔ヒットした作品はアクセスを集めやすいです。

作品のネタはキャストやあらすじのような作品を見る前に検索されることより、
見て気になったことを記事にしてください。

気になることが分からない場合はサジェストがヒントになります。

アクセスを集めたい方はぜひ参考にしてみてください。


僕はITエンジニア×副業で月収が最高で300万円超えてます。

自分が勝てる市場を狙えるので、5時間ほど作業して300万円の収入を得たり

社内で自分にしかないスキルがあるから予定も好きになように決められるので、職場でも自由に仕事してたり、

残業続きの同僚を横目に毎日定時で帰宅して、有給も遠慮なく全部使って自分の時間を楽しんだり、

収入が増えてから家事代行を使うようになって、家事をしない分の時間を自由に満喫したり、

自分のスキルで稼ぐことができるので、会社が潰れてもクビになることもリスクではない状態です。

しかし、僕はもともとITエンジニアにしてもビジネスにしても特別な才能があったわけではありません。

僕は学歴も高くなく、
何をとっても平均以下でした。

とても順風満帆とは言えません。

30過ぎまでずっとやりたいこともなく、
将来には漠然とした不安がありました。

34歳のときに学び始めたから今の生活があります。

元々時間もお金もないブラック企業の社員が、どうしてここまで時間も経済的にも余裕のある真逆な人生になったのかをメールストーリーにて配信していきます。

「今の生活を変えたい」
「あと数万給料を上げたい」
「将来に漠然と不安がある」

なんて以前の僕と同じように感じている人はぜひメルマガを読んでみてください。

例えば、

  • 月収300万円以上稼いで気づいた誰にでもできるたった一つのこと
  • ITエンジニアも副業でも成果を出している人の共通点
  • ライバルを一気に出し抜けてイージーモードになれる人とそうでない人の違い
  • 金持ちITエンジニアと貧乏ITエンジニアになってしまう違いの話
  • 不定期で届くメルマガ限定のPDFレポート配信

とか、経験してきたことを通して、

人生を逆転させるための思考をメルマガで伝えていきます 。(いつでも解除できます。)

【期間限定】「安定して収入アップしていくためのポートフォリオ戦略」動画セミナー無料プレゼント中!

 

※icloud、i.softbank、docomo、ezweb等のアドレスは届かないことがありますので、gmailやyahooのアドレスを推奨しております。

メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です