読まれる記事は導入文で9割決まる。リード文の5つのポイント!

こんにちは。ミレーです。

記事は最初の冒頭で読まれるかどうかが、9割決まると思ってください。

 

僕は以前、導入文は手を抜いていました。

大事なのは本文でしょ!と思ってたからです。

恐らく本記事を読んでいる方も同じではないでしょうか?

 

でも、
記事を見られても冒頭で興味を持たれないと本文は読まれません。

僕は冒頭の書き方を知っていたので、
あるサービスを紹介する1記事で1000以上の契約を取ることもできました。

そこで今回は、

  • 記事の導入文が重要な理由
  • 導入文を書く5つのポイント
  • 導入文の例

について書いていきます。

3分程度で読めるので、読まれる記事のコツを掴んでください。

記事の導入文(リード文)が重要な理由

導入文は記事の中身で最も重要なパーツです。

本文に力を入れたくなりますが、
導入文で手を抜くと本文に行く前に離脱されるからです。

 

正確に言うと、
入文の前にタイトルなのですが、
タイトルで記事を開かせた後に最も重要なのが導入文ということになります。

今回は記事の内容についてフォーカスするので、
タイトルについては割愛しますが、
タイトルの付け方を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

過去の僕が勘違いしていたことなのですが、
記事の導入文を重視しないということは、
自分の記事が読まれる前提で書いているということなんです。

前提として覚えておいて欲しいのは、
記事は読まれない
ということです。

 

どういうことかと言うと、
今は情報で溢れていますよね。

ブログみたいな記事だけじゃなく、
ニュースサイトもあるし、
SNSに、
youtubeもあります。

情報が溢れている中で記事の最初で
欲しい情報がなさそうとか
面白くなさそうとか
思われると離脱されて他の記事に行ってしまいます。

 

だから一番記事の最初で、
読者の興味を引いて置かないいけないんです。

ちなみに最初に興味を引くのは、
記事だけじゃなく、
SNSや動画でも言えることです。

 

ではどんなことを導入文で書くのかについて、
ポイントを書いていきます。

導入文を書く5つのポイント

導入文のポイントは以下の5つを押さえて書けば良いので、
慣れるとすぐにかけるようになります。

  • 最初の1文目で興味を引く
  • 共感を入れる
  • 記事を読んで分かる内容を書く(何を得られるのか)
  • 権威性を出す
  • 最後の締め(読ませる後押し)

ポイント1.最初の1文目で興味を引く

最初の1文目に興味を引くような文章を持ってきます。

意外性とか
本当に?とか
知らないとヤバいと思わせるような
驚かせるような文章です。

一言くらいの挨拶ならともかく、
本日はお日柄も良く-なんて
長々と挨拶を書いても読まれません。

つまらいないと思われて他のサイトに行ってしまいます。

導入文では最初に興味を引く文章を書いてください。

ポイント2.共感を入れる

次に入れるのは読者の共感を誘う文書です。

自分が思ってた疑問や悩みなどです。

読者に
「そうそう!それ自分も思ってた!」
と感じさせる言葉です。

他にも記事を書く背景を書いても共感を呼べます。

導入文の最初に興味を引かせてから、
疑問や悩み、背景などを書いて、
読者の共感を呼んでください。

ポイント3.記事を読んで分かる内容を書く

あとは記事の内容を簡単に書きます。

記事を読んで何を得られるのかが分かるようにします。

記事の構成を作っていたら、
見出しを箇条書きで羅列しておいても良いですね。

ポイント4.権威性を出す

権威性と言うのは、実績や専門家と分かるような言葉です。

例えば、
実績で言うと、
ブログだけで月収300万円を稼いだ~とか
1記事で商品を1,000個売ったとか
です。

専門家であれば、
ライター歴10年の~とか、
年間500本映画を見る私が~とか
主婦歴10年の私が~とか
プロのITエンジニアとして~
とかです。

権威性は導入文の一番最初の興味を引く部分に入れても良いですね。

ポイント5.最後の締め

導入文の最後締めの文章です。

読ませる後押しのような文章にしてください。

読むメリットや、
すぐ読める簡易性も入れるとなお良しです。

導入文の例

最後に本記事の導入文を例にしてポイントを解説していきます。

 

こんにちは。ミレーです。

記事は最初の冒頭で読まれるかどうかが、9割決まると思ってください。

 

興味を引く文章として、
9割が読まれないと具体的に数字も入れて表現しています。

 

僕は以前、導入文は手を抜いていました。

大事なのは本文でしょ!と思ってたからです。

恐らく本記事を読んでいる方も同じではないでしょうか?

 

共感のポイントです。

自分の過ちや思っていたことを書いています。

 

でも、記事を見られても冒頭で興味を持たれないと本文は読まれません。

僕は冒頭の書き方を知っていたので、
あるサービスを紹介する1記事で1000以上の契約を取ることもできました。

 

1記事で1000以上の契約と、
実績を書いて権威性を出しています。

 

そこで今回は、

記事の導入文が重要な理由
導入文を書く5つのポイント
導入文の例

について書いていきます。

 

本文の見出しを箇条書きにして何が書いてあるのかを分かるようにしています。

3分程度で読めるので、読まれる記事のコツを掴んでください。

「3分程度で」と手軽さを出して、
「読まれる記事のコツ」とメリットを提示して、
で読んでもらう後押しをしています。

読まれる記事の導入文の書き方まとめ

今回は記事の導入文の書き方について書いてみました。

ポイントは、

  • 最初の1文目で興味を引く
  • 共感を入れる
  • 記事を読んで分かる内容を書く(何を得られるのか)
  • 権威性を出す
  • 最後の締め(読ませる後押し)

です。

5つのポイントを押さえると簡単に読まれる導入文を作る事ができます。

導入文の書き方が分からない方や悩んでる方は参考にしてみてください。


僕は会社員しながらブログで最高月収300万円超えてます。

自分が勝てる市場を狙えるので、5時間ほど作業して300万円の収入を得たり

残業続きの同僚を横目に毎日定時で帰宅して、有給も遠慮なく全部使って自分の時間を楽しんだり、

収入が増えてから家事代行を使うようになって、家事をしない分の時間を自由に満喫したり、

自分のスキルで稼ぐことができるので、会社が潰れてもリストラされることもリスクではない状態です。

しかし、僕はもともと特別な才能があったわけではありません。

僕は学歴も高くなく、
何をとっても平均以下でした。

とても順風満帆とは言えません。

30過ぎまでずっとやりたいこともなく、
将来には漠然とした不安がありました。

34歳のときに学び始めたから今の生活があります。

元々時間もお金もない普通の会社員が、どうしてここまで時間も経済的にも余裕のある人生になったのかをメールストーリーにて配信していきます。

「今の生活を変えたい」
「あと数万給料を上げたい」
「将来に漠然と不安がある」

なんて以前の僕と同じように感じている人はぜひメルマガを読んでみてください。

例えば、

  • 月収300万円以上稼いで気づいた誰にでもできるたった一つのこと
  • ITエンジニアも副業でも成果を出している人の共通点
  • ライバルを一気に出し抜けてイージーモードになれる人とそうでない人の違い
  • 金持ちITエンジニアと貧乏ITエンジニアになってしまう違いの話
  • 不定期で届くメルマガ限定のPDFレポート配信

とか、経験してきたことを通して、

人生を逆転させるための思考をメルマガで伝えていきます 。(いつでも解除できます。)

【期間限定】「安定して収入アップしていくためのポートフォリオ戦略」動画セミナー無料プレゼント中!

 

※icloud、i.softbank、docomo、ezweb等のアドレスは届かないことがありますので、gmailやyahooのアドレスを推奨しております。

メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です