継続が苦手な人の続けるコツは1つだけ!モチベーションアップや維持する方法は?

僕がこれまでに3年以上継続出来たことには、

  • 副業
  • 運動
  • 英会話
  • 瞑想(マインドフルネス)
  • 食生活の改善

などがあります。

 

僕は基本的に継続できないことの方が少ないです。

ですが、世の中には継続が苦手な人はとても多いです。

 

何かの影響を受けたり、

スキルを身に付けたくて始める人は多いのですが、

途中で挫折してしまう人が多い。

 

もしダイエットを続けてたら理想的な体型になってモテたかもしれないし、

プログラミングならエンジニアとして活躍してたかもしれない、

副業なら本業以上に稼いでたかもしれません。

 

行動できない人が多い中で、

せっかく新しいことを始めたのに、

もったいないなーと思います。

 

そこで今回は僕が今までどうやって継続をしてきたのかを話していきます。

僕が意識しているのは、たった一つのことだけです。

継続が苦手な方は是非参考にしてみてください。

勉強や運動の継続が苦手な人の続けるコツは1つだけ!

僕は継続してきたことは多いのですが、

もちろん挫折知らずで昔から何でも続けられたわけではありません。

意志も弱いです。

 

高校生の時に勉強を続けられたら大学がFランってこともなかったでしょう。

受験の時期すら勉強が継続できなかった結果です。

 

学生の頃英語をもう一度頑張ってみようと思って、

テキストを買ったことがありますが、

ほぼ開くことなく本棚に収まっていました。

テキスト買って満足したパターンです。

 

つまり僕は何でも継続できる才能があったわけじゃないってことです。

 

そんな僕でも継続できるようになったコツですが、

それは

「続けられるレベルのことしかしない」

です。

拍子抜けのようなコツかもしれませんね。

 

僕が最初に継続できるようになったのはトレーニング(運動)なんですが、

最初は続けることを目標にしました。

 

続けることを目標にしたのは、

以前までは勉強や毎日読書するとか、

健康番組で紹介してた運動とかは

だいたいゴールに至らずに挫折してると思ったからです。

 

よく考えたら、勉強とか1日のノルマみたいなのでやりがちだったんですが、

そのノルマのハードルが高かったんですよね。

 

僕は自分を知らなさ過ぎだったんです。

やるならせめて最初は「教科書開くだけ」程度のことじゃないとできない僕が、

いきなり1ページ問題集やりきるとか無理な話です。

 

続けないと結果でないのに、

続けられないことを最初からやろうとしてるんです。

僕は続けることを考えずにやってました。

 

なので、トレーニングで腕立てや腹筋を続けようと思いまずは、

「家に帰ってきたら最低1回やろう」

続けられる内容に決めました。

1回だけはやります。

1回って難しいでしょうか?

 

僕はトレーニングをしようと決めたときに、

行動を目標にしてるんです。

 

例えば、

ダイエット目的の運動であれば多くの人は目標をマイナス5kgとか、

鏡に映った理想的な体型の自分を目標にしますよね?

 

ではなく、

僕の場合は結果を目標にせずに、

回数(行動)を目標にしてます。

  • 継続しにくい例:目標→マイナス5kg
  • 継続しやすい例:目標→1日1回腕立て

 

もっとタネあかしをするとこれは

「習慣」

にしてるんですね。

 

なので、最初に筋トレを継続できたのは

「家に帰ってきたら」

「最低1回やろう」

という習慣の仕組みにしたからです。

 

「家に帰ってきたら」が

行動のトリガー(きっかけ)になってるんです。

トリガーがあるとやることを忘れないので。

 

ポイントは僕の場合は1回という必ず出来ることをしています。

この1回を続けられたら回数を増やしていきます。

1回と決めてももっと出来るならやればいいのです。

最低でも1回やればいいので。

 

プログラミングの勉強ならコードを1行だけ書くとか、

エディタの起動だけでもやる

みたいなレベルからやってみます。

 

この方法のいいところは、

実際やると1回だけや1行だけでは終われません。

気持ち悪くて続けてやってしまいます。

 

決めた回数は守るけど、

それ以上の行動はその時の自由にしたらいいんです。

大事なのは決めた行動の習慣なのです。

継続するためのモチベーションアップや維持する方法

継続できない理由でよく聞くのが、

「モチベーションが上がらない」

とか

「モチベーションが維持できない」

です。

 

では僕はどうやって何年もモチベーションを維持しているのか?ですが、

実はモチベーションについては考えたことはありません。

必要性をそこまで感じないです。

 

モチベーションは上がるに越したことないのでが、

それだとモチベーションに依存しないといけません。

 

先ほど紹介した継続するコツに答えがあるのですが、

習慣としてやると

モチベーションは不要なのです。

習慣としてやってしまうので、

モチベーションなく継続出来てしまいます。

 

今の生活の中で習慣というのはあらゆるところにあるはずです。

例えば、

朝起きて→顔を洗うとか

食事したら→歯を磨くとか

は習慣です。

モチベーションがあるからやってることではないはず。

なので、習慣にするとモチベーションが不要になります。

 

ここで習慣と意志力について少しお話しします。

僕は意志の弱い人間ですが、

もし意志が強い方でも習慣化なしには

何か継続するって難しいことなんです。

 

脳科学的な話になりますが、

意志力のことをウィルパワーとも言います。

このウィルパワーは集中力の維持にも必要なものなんです。

 

習慣化せずに継続が難しい理由は、

ウィルパワーというのは1日に限りがあり、

減っていくものだからです。

 

ウィルパワーはあらゆることで消耗していきます。

何かを選択する行為だけでも減っていくので。

 

例えば朝起きてから、

「今日はどの服にしようかな~」

なんて迷ってる時もウィルパワーが減っていきます。

たったこの程度でも消耗します。

スティーブ・ジョブズが毎日同じ服着てたのもこれですよね。

だから意志の力に頼るのも継続が難しいのです。

 

習慣化の良いところは、

ウィルパワーを消耗することなくできてしまいます。

よって継続するために頼るべきは

モチベーションや意志の力ではなく

習慣化となります。

継続する力で人生も変えられる!

僕はもともと意志が弱く継続の才能はありません。

根性や気合いとか精神論がめちゃくちゃ嫌いです。

「根性が無いんだよ!」

と言われても

どうしたらいいのか分かりません。

無いと言われても、

僕はどこに根性があるのかも知らないのです。

 

辛いのも嫌ですし。

楽したいのです。

僕は楽することしか考えてません。

 

こんな僕みたいな怠け者でも

習慣によってあらゆることが継続できるようになりました。

 

習慣にすると継続が楽だからです。

継続は自信にもなります。

継続できる人は少ないからです。

 

ダイエットなら痩せられたり、

プログラミングの勉強ならエンジニアへの転身、

副業なら収入と、

継続した先に結果があって、

この結果も自信になります。

 

継続できなくて挫折しまいがちな人は、

ハードルを落としまくって小さな行動から習慣にしてみてください。

継続した先の結果を得ることができます。


僕はもともとアナログ人間で、プログラミングもできないのにIT企業に入り後悔していました。

しかも、20万円にも満たない給料でサービス残業は当たり前のブラック企業です。

お金も時間も余裕のない生活を10年以上過ごしてきました。

しかし、今ではITエンジニアとIT副業を掛け合わせて、月収が300万円を超えることもあります。

もちろん寝ずに働きまくった結果ではなく、時間にも余裕のある生活を送っています。

元々時間もお金もないブラック企業の社員が、どうしてここまで時間も経済的にも余裕のある真逆な人生になったのかをメールストーリーにて配信していきます。

「今の生活を変えたい」
「あと数万給料を上げたい」
「将来に漠然と不安がある」

なんて以前の僕と同じように感じている人はぜひメルマガを読んでみてください。

例えば、

  • IT業界に入ってプログラムが苦手だったことがコンプレックスだった話
  • 月収300万円以上稼いだ誰にでもできるたった一つのこと
  • ITエンジニアもIT副業でも成果を出している人の共通点
  • ライバルを一気に出し抜けてイージーモードになれる人とそうでない人の違い
  • 金持ちITエンジニアと貧乏ITエンジニアになってしまう違いの話

とか、経験してきたことを通して、

人生を逆転させるための思考をメルマガで伝えていきます 。(いつでも解除できます。)

※icloud、i.softbank、docomo、ezweb等のアドレスは届かないことがありますので、gmailやyahooのアドレスを推奨しております。

メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です