仕事が嫌いで会社に近づくと息苦しいと感じていた僕が今では家でも休みの日も好きで仕事をするようになった理由

僕はもともと仕事が嫌いすぎる人間でした。

具体的には会社の建物が視界に入っただけで

めちゃくちゃ嫌な気分になるので、

プライベートの時間に会社方面への移動があった時は

遠回りになっても会社の圏内に入らないようにしていました。

 

そんな僕ですが現在は会社でITエンジニアをしていて、

個人でも自分のビジネスで収入を得ています。

 

会社を出たら自分のビジネスの時間です。

休日も会社から帰宅してからも普通に仕事していれば、

外に出ていても仕事のことを考えていることはよくあります。

 

ここまで聞くと、

一人ブラックみたいな感じですよね。

 

やりたくもない会社の仕事を

業務時間外の家でも休日でもやらざるを得ない環境であれば

ブラックかもしれません。

 

僕はブラックのように見えますが、

会社以外の時間の仕事はやりたくてやってるんですよね。

 

もし超ハマってる漫画やゲームがあれば、

自分の時間はずっとそれをやりたくないですか?

僕の場合もそんな感じで面白いからずっと仕事をしています。

もちろんそれは収入にもなる。

 

もし今の仕事が嫌いだったりつまらないと思っているなら、

「自分のビジネス」を始めてみるといいです。

この記事では、実際に僕がどんな感じでビジネスと出会って、

どんな風に仕事が面白くなったのかを書いていきます。

仕事が嫌いで会社に近づくと息苦しいと感じていた

僕が新卒で入った会社は地方のIT企業で、

そこでは約10年働いていました。

10年間薄給の上、

賞与らしい賞与もほとんどなく

いつも寸志くらいのものです。

業績の悪化で社員の給与が数%カットされる

ということもありましたね。

 

経済的なことだけでなく夜中まで働いたり、

ずっと休日がないなんて経験も当然のようにありました。

20代の時間はほとんど会社の仕事で終わったような感じがしますね。

今思うとよく10年もやってたな思います。

 

これは給料が気にならないくらい好きで

仕事をしまくってたわけではないです。

仕事はめっちゃ嫌いでした。

でもやらないと食べていけないので、

仕方なしにやってましたね。

 

転職したらいいという意見はあると思いますが、

転職はあまり考えられませんでした。

僕は自分の力には全然自信なくて、

今までいた会社以外でやっていくことができないと思ってたからです。

 

めちゃくちゃ会社が嫌で、

休日に職場方面に用事があった時は会社の前の道を通ればすぐ着くのに、

わざわざ迂回して車でプラス15分かかってでも、

会社には近づかないようにしていました。

 

休日に仕事に関係することは

頭にも視界にも入れたくないのです。

僕は会社の建物を見て頭に仕事が入ってきたら、

息苦しさや胃の痛みが出ることもあったからです。

 

休日だけじゃなくて、家でも考えたくないので、

もちろん自宅で仕事をするってこともしませんでした。

 

連休とかに仕事で連絡が来たこともありますが、

「うわぁ…終わった…」

って、絶望的な気持ちで電話を取ってましたね。

休み中に対応しなくてもいい内容でも、

連休中とかに連絡がきたら最後

「憂鬱」

って感じで、ずーーっと連休中は嫌な気分でした。

 

もちろん副業なんて当時していません。

当時薄給でも副業をしようと思わなかった理由が

副業やるってことは会社で仕事して、

家帰ってから副業(仕事)、

休日も副業(仕事)って

「ずっと仕事じゃん!」

って思って副業もやりたくありませんでした。

 

なので、20代の頃の自分が今の僕をを見たら、

「は?仕事だけで何が面白いの?」

って思うはずです。

 

それが今の僕は

「ずっと仕事じゃん!」

の状態です。

自分でビジネスをするようになったきっかけ

20代の頃はブラックのような環境にいたこともあり、

とても副業をやる余裕はなかったです。

30過ぎくらいで転職をした後に、

時間と気持ち的には余裕が少しできました。

環境が変わったおかげですね。

 

自分の時間ができたら今度は

このまま会社で過ごしていることに不安があったんです。

なので、興味があった色んな分野の勉強をしていたこともありました。

 

でもそれってただ知的好奇心を満たすように

知識を詰め込んでいるような感じでしたね。

 

そんな時にネットをしていると、

個人がwebメディアの運営をして

収入も得るということを知りました。

 

副業したいなんて目的もなく

たまたま見たサイトだったので今思うとラッキーでしたね。

 

最初は

「稼げても一握りの人のことかなー」

みたいに他人事で見てましたが、

少しずつ気になってきたんですよね。

怪しさもありましたが。

 

ただwebメディアの運営なら、

「自分が今まで詰め込んできた知識とか経験が使えるかも!」

と希望を感じずにはいられませんでした。

 

色々勉強してきたつもりだったけど、

収入になったわけでもなければ、

何か形として結果が出たこともなかったです。

なので、

「勉強のつもりだったけど、ずっと時間を無駄にしているんじゃないかなー」

って不安もあって、

その不安が解消される気がしたんですね。

 

不安の解消と収入を増やせる希望もあって、

自分でwebメディアを運営してみることにしました。

 

まだ自分でビジネスをするってほどのイメージを持っていなくて、

何か新しいことをするって感じだったけど、

この時が自分でビジネスをするきっかけでした。

休日でも会社から帰ってからも仕事をしちゃうくらいになった件

僕はたまたま見たサイトに影響を受けたことがきっかけで、

自分でwebメディアを作りました。

 

webメディアの運営をし始めてからは、

普段からwebメディアの作業をしているのが

当たり前のようになりました。

会社から帰ってからも、

土日みたいな休日も仕事です。

 

食事に誘われると、

「その時間で作業できるよなー」

とか考えてしまいます。

 

仕事は大嫌いだったけど、

webメディアの運営は嫌いではないんですよね。

会社の仕事と同じパソコンでやる作業なのに、です。

 

何でかと言うと、

僕はwebメディアというものに興味が出て

自分からやりたくなったからです。

 

でも仕事が嫌いな人の中には、

その仕事に興味があって始めた人もいると思います。

 

僕はwebメディアをビジネスとして

自発的にやりたくなったという理由もありますが、

自分で全部コントロールできるのも面白みがあるからですね。

 

僕の会社の場合、

エンジニアとして多少スキルがあっても、

自分がコントロールできる部分は限られます。

 

でも自分のビジネスであれば、

ぜーーんぶ自分で決められます。

組織ならではの人間関係とかもありません。

好きにやれます。

 

もちろんビジネスとして結果が良いとき悪いときあります。

会社では基本的に失敗はできないじゃないですか?

でも、自分のビジネスであれば失敗してもいいです。

 

僕も思っていたことですが、

ビジネスって借金して店舗構えたり、

失敗したら人生詰むみたいな、

取り返しがつかなくなるイメージがあるかもしれません。

でもwebメディアだと何のリスクもありません。

 

融資受けてやってるわけでもないし、

何か在庫を抱えているわけでもないからです。

もちろん飲食店みたいに店舗も持つ必要なし。

 

なので、失敗してもいいんですよね。

失敗と言っても何か間違っただけなので、

また間違いを正してやればいいんです。

 

ゲームも同じじゃないですか?

ゲーム上で敵にやられちゃったら、

またセーブしたところからやりますよね。

 

で、前にやられたら時と同じようなやり方やると死んじゃうから、

次は別の行動とって進みますよね。

僕はwebメディアの運営(仕事)をそんな感じでやってます。

つまり、ゲーム感覚です。

 

収入になるというのも魅力ではありますが、

自分でビジネスをやっている経験は

スキルとして身に付いていきます。

身に付いたスキルは誰かに取られることはありません。

 

そのスキルで稼げるという自信がつきますし、

また次のステップに行きたくなって

次のスキルを身に付けようとします。

使える技や装備が増えていくみたいなものですかね。

 

自分でできることが増えるのは面白いです。

ゲームみたいな仮想空間の自分じゃなくてリアルなので。

 

もちろん身に付いたものは会社でも活かせるので、

会社での仕事にもプラスの影響があります。

 

僕はビジネスをやってみるまでは、

自分の人生には関係ないものと思ってましたが、

プライベートの時間をこんなに使うようになるとは思いもしませんでした。

今の自分があるのはビビりながらも一歩踏み出した自分のおかげ。

もともと仕事は嫌いで、

副業もさほど興味を持ってませんでしたが、

今では時間を作ってでも

自分のビジネスとして仕事をするようになりました。

 

その結果、

稼ぐことができるようにもなって、

会社の仕事のエンジニアでは得られないスキルも身に付きました。

 

たまたま見て影響を受けたサイトがきっかけではあるけど、

「怪しいなー」と思って

ビビりながらもやってみたから今の自分があります。

 

最初は誰でも怖いものです。

やったことないことなので。

失敗したりネガティブなイメージというか妄想をしてしまいます。

「失敗したらどうしよ」

「副業してバレたらヤバイし」

とかね。

 

でも、何か行動に起こさないと

自分がこのまま何も変わらないのも事実です。

 

失敗したら失敗したで、

「これをやったら失敗する」

ってことが学べます。

どのみちプラスにはなってます。

 

もし、嫌々仕事をしていた20代の頃に今の僕を見たら、

「意識高い系かよ?」

とか思うんじゃないですかね笑

 

今の僕だと20代の自分に、

「何かやれよ!」

「何もせんより意識高い系のがマシだぞ笑」

と言いたい。

 

仕事って人生の中で大半を占めます。

せっかくなら、

人生の大半の時間を仕方なく嫌々で仕事をするより

楽しんで仕事をしたいものです。

 

しかも我慢して仕事をしてお金をもらうのではなく、

楽しんでやった成果がお金になる。

 

ちなみに、自分でビジネスをやることが楽しいとかだけじゃなく、

やり始めたからこその出会いもありました。

 

出会いがあることもですが

最初は初めてのことばかりなので、

何もかもが新鮮です。

 

僕はビジネスを始めた時って

自分にとって新しいことばかりで

とても濃くて充実した時間を過ごすことができました。

ビジネスっていうものが僕の中では新しい世界だったからです。

 

子供の頃はそんな新鮮さがあることは

多かったかもしれませんが、

社会に出てからというか大人になってからはあまりないですよね。

 

あの時、ビジネスっていう世界に踏み出した自分に感謝です。

後悔があるとしたら

もっと早くやってたら良かったな

ということくらいですね。

 

この記事を読んでいる人は、

かつての僕のように会社が嫌いで

毎朝憂鬱な気持ちになっている人がいるかもしれません。

でも僕のここまでの変化とかを見て何か感じて、

動くきっかけになったら嬉しいです。

初心者から僕がやってきたことは、

下記で案内している無料のメルマガでも詳しく書いているので興味があったら読んでみてください。


僕はもともとアナログ人間で、プログラミングもできないのにIT企業に入り後悔していました。

しかも、20万円にも満たない給料でサービス残業は当たり前のブラック企業です。

お金も時間も余裕のない生活を10年以上過ごしてきました。

しかし、今ではITエンジニアとIT副業を掛け合わせて、月収が300万円を超えることもあります。

もちろん寝ずに働きまくった結果ではなく、時間にも余裕のある生活を送っています。

元々時間もお金もないブラック企業の社員が、どうしてここまで時間も経済的にも余裕のある真逆な人生になったのかをメールストーリーにて配信していきます。

「今の生活を変えたい」
「あと数万給料を上げたい」
「将来に漠然と不安がある」

なんて以前の僕と同じように感じている人はぜひメルマガを読んでみてください。

例えば、

  • IT業界に入ってプログラムが苦手だったことがコンプレックスだった話
  • 月収300万円以上稼いだ誰にでもできるたった一つのこと
  • ITエンジニアもIT副業でも成果を出している人の共通点
  • ライバルを一気に出し抜けてイージーモードになれる人とそうでない人の違い
  • 金持ちITエンジニアと貧乏ITエンジニアになってしまう違いの話

とか、経験してきたことを通して、

人生を逆転させるための思考をメルマガで伝えていきます 。(いつでも解除できます。)

※icloud、i.softbank、docomo、ezweb等のアドレスは届かないことがありますので、gmailやyahooのアドレスを推奨しております。

メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です