Googleにインデックスされない4つの原因と対策!

こんにちは。ミレーです。

僕は最高で月に160万PV以上を集めたこともありますが、
正しくネタとキーワードを選んでいたからです。

 

でもどんなにライバルが不在でキーワードが正しくても、
インデックスされていないとアクセスが来ることはありません。

インデックスされてないと検索結果に表示されることがないからです。

 

もしアクセスがないとしたら、
検索エンジンのインデックスに登録されていないことも要因の一つになります。

そこで今回は、
インデックス登録がされない原因と対策について書いていきます。

記事が検索結果に出てこなくて悩んでる方は読んでみてください。

→何をやってもインデックス登録がされないという方はこちら

インデックス登録の確認方法

検索結果に表示されないのは、
インデックス登録されていない可能性があります。

まずは、インデックス登録がされているかを確認してください。

 

調べ方としては2つあります。

1つは検索コマンドを使う方法です。

検索の頭に「site:」とつけて、調べたい記事のURLを検索すると確認できます。

もし記事がインデックス登録されていないと以下のような結果になります。

 

インデックス登録されているなら以下のように表示されます。

 

もう1つの方法はSearch ConsoleでURL検査する方法です。

Google Search Consoleのトップページから「今すぐ開始」をクリックします。(Search Consoleにログイン)

 

Search Consoleの画面上にある虫眼鏡の部分に、
インデックスされていないページのURLを貼り付けてエンターキーを押下します。

 

下図のように「URLがGoogleに登録されていません」と表示されたらインデックス登録されていません。

インデックス登録されていない場合は「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

 

処理が終わると「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されます。

数時間後~1日経ってから再度、Search Consoleの画面上にある虫眼鏡の部分にURLを貼り付けてエンターキーを押下して、インデックス登録されていると以下の画像のように表示されます。

インデックス登録されない原因と対策

インデックス登録されない原因は主に4つあります。

  • ブログを作ったばかりの場合
  • noindexタグの設定
  • robots.txtの設定
  • Googleペナルティ

上記各原因と対策について解説していきます。

ブログを作ったばかりの場合

ブログを作ったばかりの時は、Googleにインデックスされていない可能性が高いです。

対策としては、
XMLサイトマップの設置をすることと、インデックス登録をリクエストします。

XMLサイトマップを設置しておくと、
ネット上を巡回しているクローラーというシステムから見つかりやすくなり、
検索エンジンに認識させやすくなります。

ワードプレスnoindexタグのプラグインから簡単に設置できるので、
XMLサイトマップを設置してない場合は、
プラグインで設定しておいてください。

インデックス登録がされていない場合は、
Search Consoleでインデックスのリクエストをしましょう。

追記

もしインデックスリクエストをして1週間以上インデックスされない時は、記事のパーマリンクを変更してから再度インデックスリクエストを試してみてください。

ちなみに、パーマリンクというのは記事毎のURLのことです。

この記事であれば、
https://millet-log.com/index-error/
の「index-error」の部分ですね。

100%効果があるという方法ではありませんが、試して見る価値はあります。

noindexタグの設定

noindexタグと言うのは検索エンジンにインデックスしないでね!っていう設定です。

なので、noindexタグがあると検索結果に出ることはありません。

検索結果に出したくない時に使うタグなので。

 

もしnoindexタグが設定されているとしたら、
誤ってワードプレス上で設定している可能性もあります。

ワードプレスや投稿画面でnoindexタグの設定がないか確認してください。

 

ワードプレス全体の設定で言うと、
メニュー>設定>表示設定を選択します。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」という項目があるので、
チェックがついていないか確認してください。

もし、チェックが入っている場合はチェックを外します。

 

使っているプラグインやテーマにもよって画面が異なるのですが、
記事の編集画面にもnoindexタグの設定があるので、
noindexタグの設定をしていないか確認してください。

robots.txtの設定

robots.txtというファイルについては覚えがないかもしれません。

でも、ブログをしているとほぼ必ず存在しています。

robots.txtと言うのは検索エンジンにインデックスするために働いている、
ネット上を巡回しているクローラーというシステムが参照します。

robots.txtにクロールを拒否する指示が記載されていると、
検索エンジンにインデックスされることはありません。

 

確認する方法は、
自分のブログのドメイン/robots.txt
とアクセスすることで分かります。

例)https://millet-log.com/robots.txt

 

robots.txtにアクセスしてみると以下のような記述が見つかります。
Disallow: /wp-admin/

「Disallow」というのは許可しないという意味です。

「Disallow: /wp-admin/」はワードプレスの管理画面へのクロールを拒否するので、
問題ありません。

 

もし、「Disallow: /」となっている場合はブログ全体が拒否されていることになります。

その場合は、ワードプレス全体でnoindexと設定している可能性があるので、
ワードプレスの設定を確認してください。

ワードプレスのメニュー>設定>表示設定を選択して、
検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」という項目があるので、
チェックがついていないかを確認します。

 

もし自分で直接robots.txtファイルを設置している場合は、
ファイル内を確認し「Disallow:」の記述を確認してみてください。

Googleペナルティの影響の場合

ブログもしくは特定の記事でGoogleのウェブマスター向けガイドラインに違反する内容があると、
ペナルティを受けることがあります。

ペナルティを受けると、
対象のページもしくはブログ全体がインデックスされなくなります。

 

もしペナルティを受けていたらSearch Consoleに通知が来ているので、
該当のページを確認することが出来ます。

ペナルティの対象となるページがあった場合は、
そのペナルティの原因となった内容を修正して、
Search Consoleから再審査リクエストを送信します。

 

以上がインデックスされない時の原因と対策になります。

もし検索エンジンに自分の記事が見つからない場合は参考にしてみてください。

→何をやってもインデックス登録がされないという方はこちら


僕は会社員しながらブログをして1時間で書いた1記事で日収165万円ほど稼ぎました。

実績だけだと才能があるように見えますが、僕は出身大学はFランと言われるレベルです。もちろん文章を書くのも苦手でした。

そんな僕でも出来た方法で40代パート主婦の方も収益0から月74万円以上も稼げました。

ブログで1記事100万円収益化メソッド」を受け取りたい方は以下より友だち追加しておいてください。

友だち追加

先行してコンテンツや資料などを配信していきます。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です