【実績者多数】アドセンス審査に23回挑戦して分かった最短で合格するなら3記事で出すべき理由

こんにちは。ミレーです。

僕はアドセンス審査に23回挑戦して合格しました。

少ない人で1~2回で合格する人がいるなかで、
明らかに23回は多いほうです。

 

ただやみくもに審査に申請してたわけではなく、
実はデータも取るためにも色々やってみたんです。

そこで分かったのは、
アドセンス審査に出すのは最低限で申請すべきという事です。

 

記事数で言うと3つだけで大丈夫です。

僕も3記事で合格してますし、
同じやり方で合格した人は多数おります。

 

そこで今回は、
アドセンス審査を最低限にすべき理由についてお話ししていきます。

アドセンス審査の合格を目指している人は参考にしてください。

→近年困難になったアドセンス審査を最短で通したい方はこちら!

アドセンス審査に合格するためには3記事で良い理由

アドセンス審査に合格するためには、
完璧なブログを用意する必要はありません。

ネット上を見ると10記事とか20記事は書きましょう。
という情報もありますが、
10記事なんて必要ありませんでした。

僕30記事まで増やしてたことはあります。

 

でも、まずは3記事で大丈夫です。

3記事なら書けそうじゃないですか?

ハードルも下がりますよね。

 

なぜ3記事で良いかというのは、
記事数が多いと不合格になったとき、
どの記事が原因か特定しにくいからです。

ここに付きます。

最低限と言ってるのは、
不合格の原因を分かりやすくするためです。

 

また、最低限で言うなら、
他の広告は一切使わないことと、
画像もオリジナルの物だけ
にしてます。

不合格の要因になるかもしれないことは一切やらないようにします。

 

確かに広告貼ってあっても、
フリー素材の画像を使って合格してる人はいます。

しかし、不合格になると、
どこが原因かの特定が難しいのが、
アドセンス審査です。

わざわざ不合格の要因になるかもしれないことは、
やらない方がイージーモードになります。

 

ただ、記事については3つだけですが、
渾身のコンテンツにします。

独自性重視で専門性を感じる記事です。

他のサイトと被らないコンテンツを用意してください。

 

また、デザインも特に凝ってません。

むしろシンプルに戻しました。

無料のワードプレスのテーマで、
カスタムは無しです。

最初はブログのロゴとかも入れてましたが、
ロゴもフリーのロゴ作成ツールで作ったものなので、
使わないようにしました。

もしデザインをいじるなら合格した後にしてください。

記事が少なくて不合格になっても良い理由

記事が3つだけだと不合格になるのでは?
と思うかもしれません。

コンテンツが少なすぎて不合格になるかもしれないということですよね。

 

もしコンテンツの量が原因で不合格なら、
また渾身の記事を追加したら良いだけなので、
1記事でも追加してください。

 

不合格の原因がコンテンツの量であれば良いのですが、

  • 価値の高い広告枠について (ウェブマスター向けガイドライン)
  • 価値の低い広告枠 (コンテンツが複製されているサイト)について

のような理由で不合格になると、
内容の問題です。

 

場合によっては3記事全部変える必要があるかもしれません。

僕なら2記事に減らしたりして、
もっと原因を分かりやすくします。

 

3記事にしてるのは、
不合格の原因を分かりやすくするためで、
不合格になった時に次の行動を明確にするためでもあるんですね。

 

僕も30記事以上書いて審査に出したりしましたが、
一度全部非公開にして、
渾身の3記事にして最終的に合格しました。

アドセンス審査で不合格の原因が分からない人は参考にしてみてください。

→近年困難になったアドセンス審査を最短で通したい方はこちら!


僕は会社員しながらブログをして1時間で書いた1記事で日収165万円ほど稼ぎました。

実績だけだと才能があるように見えますが、僕は出身大学はFランと言われるレベルです。もちろん文章を書くのも苦手でした。

そんな僕でも出来た方法で40代パート主婦の方も収益0から月74万円以上も稼げました。

ブログで1記事100万円収益化メソッド」を受け取りたい方は以下より友だち追加しておいてください。

友だち追加

先行してコンテンツや資料などを配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です