Googleアドセンスアカウントが無効になった時の対処法と代替案

こんにちは。ミレーです。

僕は過去にアドセンスアカウントが無効となり、
50万円以上の収益が0になったことがあります。

この記事を見ている人は、
アカウントが無効になってしまったか、
警告が来た人が多いかもしれませんね。

僕もアカウントが停止になったときは慌てました。

 

結論から言うと、
もしアドセンスアカウントが停止(無効)になったら、
Googleに申し立てをするか、
代替案としてアドセンスを使わないという方法があります。

 

今回は、アドセンスアカウントが無効になった時の対処法について書いていきます。

アドセンスの無効はアカウントがある人全てが関係のあることなので、
参考にしてみてください。

ダメ元でもアカウント復活のため申し立てをしてみる

まずは、すぐ諦めずにアカウントを復活させるために、
意義申し立てをしてください。

アカウントの無効がコンテンツの内容か、
アドセンス狩り等の無効なトラフィックによるポリシー違反なのかにもよりますが出来ることは全てやってみてください。

無効なトラフィックについての申し立て

アドセンス狩り等による無効なトラフィックの場合はこちらより申し立てが可能です。

違反に関する審査リクエストについてのトラブルシューティング

トラブルシューティングから審査をリクエスト出来ます。

ポリシー違反の場合の申し立てフォーム

この申し立てフォームは一度きりしか利用できないので、
アカウント復活のために最終手段として使います。

復活の可能性はかなり低いのですが、諦めるくらいなら試してみる価値はあります。

Googleアドセンス以外のアドネットワーク広告を利用する

アカウント復活の申し立てをしても復活がかなわなかった場合は、
アドセンス以外の広告を利用する方法があります。

アドセンスと同じように、クリック収益型の広告です。

 

アドセンスで継続して収益が発生していた場合は、
ブログそのものを諦めるのはもったいないです。

アクセスがあるということなので、
別の広告を利用したら収益はまた発生します。

アドセンス以外のアドネットワーク広告と言うと、

があります。

fluctはPVの条件がありますが、
fam8とzucksアドネットワークは条件なしで利用することが出来ます。

0からブログを作り直してアドセンスアカウントを作る

どうしてもアドセンスを使いたいという場合は、
もう一度ドメインを取得するところからブログを作るしかありません。

この場合は、Googleのアカウントも改めて作って、
停止されたアカウントとは違う、
住所やメールアドレス、電話番号で作る方が無難です。

このやり方で0からブログを作り直して、
アドセンスを取り直した例もあります。

100%アドセンスアカウントが作れるとは言えませんが、
方法としてはアドセンスを使う手はあるということですね。

Googleアドセンスアカウントが停止・無効になった時のまとめ

アドセンスアカウントが無効になった時は以下を試してください。

無効なトラフィックについての申し立て

違反に関する審査リクエストについてのトラブルシューティング

ポリシー違反の場合の申し立てフォーム

 

アカウントが復活できない場合は、代替案として以下のような別のアドネットワーク広告を使います。

もしアドセンスアカウントが無効になった時や警告が来た場合は参考にしてください。


僕は会社員しながらブログをして1時間で書いた1記事で日収165万円ほど稼ぎました。

実績だけだと才能があるように見えますが、僕は出身大学はFランと言われるレベルです。もちろん文章を書くのも苦手でした。

そんな僕でも出来た方法で40代パート主婦の方も収益0から月74万円以上も稼げました。

ブログで1記事100万円収益化メソッド」を受け取りたい方は以下より友だち追加しておいてください。

友だち追加

先行してコンテンツや資料などを配信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です