【初心者必読】50万円以上の収入が一瞬で吹き飛んだ時の話

僕は普段は会社でITエンジニアをしていて、

個人では自分のビジネスとして

webメディアを所有して収益化しています。

 

webメディアの運営スキルを付けて、

最高で1日に150万円以上の収益を上げたこともあります。

 

その少し前、

メディア運営で毎日1万円以上を得ていた時期がありました。

日給1万円としただけで十分に生活ができるくらいの金額です。

 

副業のwebメディアが給料を超えてきて

「独立しても生活できるじゃない?」

と思うようになってきた頃の話です。

 

「このまま行けば来月は50万円くらい振り込まれるな~」

なんて、気持ちと経済的な余裕だけじゃなく自信も出てきた矢先です。

 

僕の収入は、一瞬で吹き飛びました。

 

想像してみてください。

もし、来月入ってくると思っていた50万円の給料が、

突然なかったことになったら、どうでしょうか?

愕然とするかもしれません。

今回はその実体験についてお話ししていきます。

収入が50万円以上吹き飛んだときの話

僕は生活の柱となるキャッシュポイントは多い方が良いと考えて副業を始めました。

副業で取り組んだのはwebメディアの運営です。

 

もちろんすぐ稼げたかというとそんな訳ありません。

僕はメディアを作ってみたものの、

最初はご飯代どころかおやつ代すら稼ぐことができなかったので、

「コレいつになったら稼げんのーー?」

と先が見えない気分になることもありました。

 

稼げない時期も十分経験してきましたが、

それでも継続してきたおかげで少しずつ稼げるようになってきて、

稼げたときは

「おっしゃーーー!」

とテンション上がり、

思ったほど稼げなかったときは

「はぁ~、こんなもんかぁ」

とテンション落ちるみたいな

ゲームで勝ち負けする感覚で楽しみ始めてきました。

 

稼げるようになってくると次第に精神的にも余裕がでてきます。

 

ただ、多少稼げるようになったとはいえ、

会社を辞めようと思うこともありませんでした。

 

でも、webメディアの収益が大きくなって給料を超えてきてからは

「独立してみようかな?」

とか

「これだけでイケんじゃない?」

と思うようになってきました。

 

いよいよ調子に乗り始めてきたって感じですね。

良く言うと自信が付いてきたと言ってもいいかもしれませんが。

 

少し稼げるようになってからは勢いがつき、

今までにないくらいwebメディアが露出するようになって、

月の中旬を過ぎたくらいのときには既に50万以上稼いでました。

感覚では日給1万以上は当たり前なくらいです。

 

ちょっと前まで1,000円も稼げれば

「おっしゃーーー!」

と喜んでたのが、

1万円ほどの稼ぎで

「今日はこんなもんね」

とか思ってました。

 

とうとう価値観が崩壊し始めてきましたね。

 

そんな当時いままで一番稼ぐかもしれないと思ってた頃に

メディアで使っていた広告のプラットフォームから1通のメールがきて、

一気に血の気が引いてきました。

 

メールは、

「アカウントが無効になった」

という内容でした。

「は?」

「どゆこと?」

と頭が真っ白になって、

周りの音とか聞こえない状態でした。

 

「もしかして二度と広告が使えなくなるってこと?」

と嫌な汗が出てきました。

 

他にも、

この広告のプラットフォームを使うための審査に半年ほどかかったことや、

これまでの最高収益になっていたこと、

とか

「今までやってきたことは?」

何カ月も掛けてきたことが全部水の泡になるような気持ちでした。

 

メールの内容をよく読んでみると、

原因はメディアの中にプラットフォームのポリシーに抵触するコンテンツがあったからでした。

 

アカウントが無効になると

今後そのプラットフォームは二度と使えなくなる

うえに、

それまでに稼いだお金も振り込まれない

という現実になってほしくなかった僕にとって一番最悪の事態になりました。

 

「マジか…。収益消えんのか…。」

と絶望。

 

収益もだけど今後広告が使えなくなることも諦めたくなかったです。

 

「頼む!!!」

と、せめてどちらか何とかできないかという気持ちで問題があったコンテンツを取り下げてから、

プラットフォームの方に問い合わせをしました。

利用できそうな問い合わせのフォームをすべて使ってみても、

どれも返事すらありませんでした。

 

つまりは問答無用でアカウントが無効になったということです。

 

結果としてメールが来るまで確定していた金額は約55万円でしたが、

そのお金は受け取ることができませんでした。

 

でもこのことで心が折れるとかやる気がなくなった、

というのはありませんでした。

確かにあの時失った収入は今思い出してもめちゃくちゃ残念だったけど、

僕はwebメディアだけで食べているわけではなかったからです。

 

それよりも、

この時webメディアだけで独立してたら?

って考えると、

正直ゾッとします。

「明日からどうしよ…」

とか

「ヤバい。ヤバい。ヤバい。」

とか、もっとテンパってたと思います。

 

もし会社員だけしていて、

突然給料は出せませんと通告されると焦りませんか?

ホントそんな気分でしたね。

僕が収入を失った話から分かるように収入の柱は複数あるほうがいい

先ほどの話のように僕は副業のwebメティアで振り込まれる予定だった収益の50万円以上が消えました。

今もですが当時もwebメディア運営だけじゃなくITエンジニアの仕事もしています。

なので、webメティアの収入が落ちたところで、

経済面で影響はありませんでした。

 

だけど

「会社辞めてなくてよかったー」

というのが収益が消えたときの正直な気持ちです。

 

経済的な影響はなかったですが、

会社でも独立でもキャッシュポイント一つで生活するのはリスクがあるのを実感しました。

 

会社だけでも倒産やリストラがあると、

キャッシュポイントが0(ゼロ)になりますし。

不況下だと、

そこから転職もハードルが上がりますからね。

 

あとはエンジニアしてても同じですが、

大なり小なり自分でビジネスをするなら、

トラブルが起きたときに何ができるか?対応できるか?

というのがめっちゃ大事だしそのスキルは必然だなーと学びました。

 

エンジニアの仕事してると、

バグや障害などで嫌でもトラブルは経験できるので、

対応する力はつきますね。

 

ちなみに、僕は約55万円の収入が消えましたが、

webメディアが露出する力があるならプラットフォームを変えたり他にも商品を扱えばいいか、

ということで対応することができました。

このときの対応で後に100万円以上もの大きな収益が生まれたりもしてるんです。

 

この時は対応できましたが、

自分でビジネスをする以上は対応できないほどのトラブルが起きる可能性もあるわけです。

なので、収入の柱は2つ以上持つことをお勧めします。

 

柱が複数あると柱となる収入が1つなくなったときや、

収入が減った場合にも生活には影響がなくなります。

保険というかリスクヘッジですね。

なので、40代50代とかであれば老後資金に回すとかもできるわけです。

 

また、収入の柱を複数持つ時は、

なるべくリスク分散のためにも同じようなものを持たないようにすると良いです。

 

例えば株式投資だと、

auとdocomoとSoftBankの3社の株を所有していると、

通信業界だけ落ち込むと持っている3社の株すべての価値が下がり、

必ず所有しているすべての株の資産が減るわけです。

でも、auとハウス食品の株を持っていると、

通信業界だけ落ち込んでもauの株の価値が下がるだけで、

食品業界のハウス食品の価値が下がる可能性は低いんですよね。

 

僕の場合だとITエンジニア×webメディアで同じくくりに見えますが、

ITでのモノづくり×広告(もしくはマーケティング)としているので、

別物になっているのです。

 

エンジニアと全く違うことをしているのであれば、

副業としてプログラミングとかエンジニア業をしてみてもいいわけです。

勉強と実践を積み重ねたから、現在の僕は収入の柱が複数あって余裕のある状態に。

もともと僕はIT起業に入った時はプログラミングは全然できなくて、

仕事が苦行でしかなく給料も薄給でした。

 

だけど今は技術的な勉強と実践を積み重ねたおかげで、

ITスキルで時間を作り副業でwebメディアの運営もできてます。

 

副業をしてなかった頃は会社の給料だけで生活していたので、

今の僕はwebメディアの収益分経済的に余裕があります。

つまり今は収入源というか収入の柱が2つある状態です。

 

字面でみると副業はおこずかい稼ぎのようにみえますが、

なんで副業としているwebメディアが収入の柱になるのか。

 

webメディアでは広告から商品を見てもらったり、

商品を売ることで収入となります。

なので、人を集められると収益が上がっていきます。

 

僕はweb上で人を集めることができるようになったので、

webメディアだけで収入の柱にすることができるようになったのです。

 

エンジニアのスキルもでしたが、

webメディアの収益化も最初からできたわけではありません。

 

どちらも勉強と実践を継続したから今の僕があります。

 

ITエンジニアもwebメディア運営もパソコンがあればどこででも出来ます。

特別経費も掛からないし、

在庫とかも考えなくていいので、

リスクも考えることなくできるのはとても良いです。

 

収入の柱が複数あるとリスクヘッジになるだけではありません。

今の僕だと給料以外で得られた収入は勉強に回せることですね。

お金を払って勉強した方が習得が早いのと、

勉強したことでまた稼ぐことができるからです。

自己投資というやつですね。

自己投資して柱を太くしていってます。

 

僕は社会人になってから初めて勉強するためにお金を払うときは、

めちゃくちゃビビりました。

でも自分を変えていきたい気持ちが強かったので、

ビビりながらも一歩踏み出しました。

 

最初はめっちゃビビってましたが、

勉強したもので結果が出ると成功体験が一つできるわけです。

また成功する体験をしたくなって繰り返すんです。

 

今の僕は収入の柱が2つあり余裕がありますが、

今ある柱を太くしつつもさらに柱を増やしていくためにまだまだ頑張っていきます。

 

何か一つ収入の柱があるのであれば、

もう一つの柱を作るために一歩踏み出してみてください。

社会がどんな状況でも経済的な悩みがない状態にしていきましょう。


僕はもともとアナログ人間で、プログラミングもできないのにIT企業に入り後悔していました。

しかも、20万円にも満たない給料でサービス残業は当たり前のブラック企業です。

お金も時間も余裕のない生活を10年以上過ごしてきました。

しかし、今ではITエンジニアとIT副業を掛け合わせて、月収が300万円を超えることもあります。

もちろん寝ずに働きまくった結果ではなく、時間にも余裕のある生活を送っています。

元々時間もお金もないブラック企業の社員が、どうしてここまで時間も経済的にも余裕のある真逆な人生になったのかをメールストーリーにて配信していきます。

「今の生活を変えたい」
「あと数万給料を上げたい」
「将来に漠然と不安がある」

なんて以前の僕と同じように感じている人はぜひメルマガを読んでみてください。

例えば、

  • IT業界に入ってプログラムが苦手だったことがコンプレックスだった話
  • 月収300万円以上稼いだ誰にでもできるたった一つのこと
  • ITエンジニアもIT副業でも成果を出している人の共通点
  • ライバルを一気に出し抜けてイージーモードになれる人とそうでない人の違い
  • 金持ちITエンジニアと貧乏ITエンジニアになってしまう違いの話

とか、経験してきたことを通して、

人生を逆転させるための思考をメルマガで伝えていきます 。(いつでも解除できます。)

※icloud、i.softbank、docomo、ezweb等のアドレスは届かないことがありますので、gmailやyahooのアドレスを推奨しております。

メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です