【高単価で売れるワケ】商品の価格を4倍にして売るには○○が出来れば良いだけ

こんにちは、ミレーです。

僕は日収で150万円ほど稼いだ時もありますが、
ハードモードで売った結果でした。

ハードモードと言うのは薄利多売です。

どちらかと言うと、
高単価の方がイージーモードだったりします。

1,500円の商品を1,000個売るのと、
30万円の商品を5個売るのとでは、
後者の方が簡単ってことです。

 

商品は安い方が買ってもらえそうな気もしますが、
高くても売れるんですよ。

と言うか個人で商売とかネットビジネスするなら、
商品は高単価が良いんです。

逆に安売りしてしまうお店は潰れるんです。

 

今回は、実際にあるガトーショコラを例に、
商品を高単価で売る方法について書いていきます。

既に商品を持ってる人はもちろん、
自分の商品を売っていきたいと思ってる人も参考になるので、
ぜひ読んでみてくださいね。

商品の価格が高くても売れる理由

まず商品が売れるのは安いからではありません。

高いと売れないわけではないです。

価格は売れる要因の1つでしかないです。

と言うのも人がお金を払うのは、
感情によるものが大きいのです。

 

人は悩みが解消されたり、
欲求が満たされるなら、
高くてもお金を払います。

 

悩みの例で言うと、
美容とか育毛とかは高単価でも売れますよね。

美容や育毛の悩みが解消されるなら、
幾らでも払う人は多くいます。

だからあらゆる場所で広告もあるのです。

高い広告費を出しても利益が出るってことです。

電車にも美容関係の広告とか100%ありますよね。

 

欲求ならブランド物がありますね。

財布を例にすると、
ヴィトンは高単価です。

同じ財布なら100均の財布でも不足は全くないはず。

お金を出し入れ出来て持ち運びしやすい小さい鞄なら、
わざわざ高いお金払ってヴィトンにしなくても、
100均でいいはずです。

 

でもヴィトンの財布が欲しいのは、
ヴィトンを所有した時に欲求が満たされるからです。

人が高単価でもお金を払う理由が分かったところで、
ここからは値上げして売れてる事例をお話しします。

【KEN’S CAFE TOKYO】ガトーショコラを3,000円まで値上げしまくってブレイク

東京に「KEN’S CAFE TOKYO」という、
ガトーショコラ専門のお店があるんです。

このお店のガトーショコラって1つ3,000円なんです。

高級スイーツですよ。

でも1か月待ちとか普通にあるくらい人気のお店なんです。

このガトーショコラって、
最初は1,300円だったんです。

それが、
1,500円になり
2,000円になり
最終的に3,000円まで値上げしました。

しかも最初より量は半分で価格は2倍なので、
実質4倍以上の価格になってます。

それでも売れるんです。

むしろ3,000円にしてからブレイクしてます。

 

ちなみに元々はガトーショコラのお店ではなく、
イタリアンのお店でガトーショコラはメニューの中のデザートでした。

それがあるきっかけでお土産として販売し、
他のガトーショコラよりイケるでしょ!ってことで
ガトーショコラ専門になった経緯があります。

 

ただ素材が良いから、
美味しいから、
だけで売れてるわけではないです。

と言うのも、
レシピが公開されてるからです。

クックパッドにも、動画でもアップされてます。

料理出来るなら味の再現は不可能ではないですよね。

 

しかも、ネット通販してなくて、
完全予約制です。

でも売れてるんです。

 

なぜかと言うと、
「KEN’S CAFE TOKYO」
のガトーショコラが食べたいからとか、
贈りたいからですよ。

つまりお客さんが価値を感じてるのは、
ガトーショコラそのものだけではないということです。

価値は商品そのものに付くだけじゃない

美味しいガトーショコラが食べたいなら、
3,000円も払わなくても食べることはできるはずです。

でも、「KEN’S CAFE TOKYO」だから、
3,000円払ってでも食べたいんです。

 

それは、ガトーショコラだけではなく、
「KEN’S CAFE TOKYO」が好きだからとかファンだからとか
ブランドを感じてるわけですよね。

 

何かブランドを感じさせる価値があるんです。

何かって言うのは、
シェフの想いとか、
ガトーショコラへのこだわりとか、
チョコレートの研究者を感じさせる専門性とか、
このお店でしか買えないとか
です。

「KEN’S CAFE TOKYO」の味のガトーショコラを食べたいなら、
公開されてるレシピで食べれますからね。

でもわざわざお店に行って高いガトーショコラを買いたいと思うんです。

 

ガトーショコラ以外でも同じことが言えます。

例えば、
ジムのマシンを使って、
筋トレをインストラクターに教えてもらう、
としましょう。

ぶっちゃけ、
どのインストラクターでも、
どのジムでも、
マシンを使って筋トレする方法に大差はないはずです。

でも、この人に教えて欲しい!っていう価値があれば、
人はその人(価値)にお金を払うんですよ。

商品の価値は発信で決まる

では商品そのもの以外の価値を、
どうやって付けて感じさせるのか、
と言う話しをします。

結論としては「発信」です。

というのも、
商品そのものは見たり手に取ったりすると分かりますからね。

手に取れなくても今やネットで商品を見ることなんて当たり前です。

でも、商品そのものからは見えない、
「想い」とか「こだわり」とかは、
情報発信しないと誰にも伝わりません。

「KEN’S CAFE TOKYO」もTwitterやインスタなどSNSや、
メディアを通じて発信しています。

 

商品を購入するのは同業他社やライバルでしょうか?

ライバルならこだわりは見たり使ったら分かるかもしれません。

でも、お客さんとなるのは、
知識のない人がほとんどのはずです。

 

だから「発信」しないと伝わらないし、
欲しいとも思われないのです。

このご時世SNSとかブログとかお金掛けずに、
情報発信で伝える手段なんてどうとでも出来ます。

 

情報発信で何であなたから買うのか?
という理由を与えてあげてください。

同じ商品が世の中にあっても、
あなたのファンになったり、
ブランドを感じてもらえれば、
高額でもあなたから買いたい!となるんです。

 

例えば、恋愛なら美女やイケメンは黙ってても、
美女やイケメンなわけです。
性格悪くても黙ってたら、
美女やイケメンにしか見えません。

フツメンだけど、
高学歴で料理めちゃくちゃ出来て、
優しくて甘えさせてくれて、
誠実で仕事も真面目
って人がいると、
言わないと伝わらないんですよ。

中身が希少性のあるハイスぺイケメンなのに、
発信しないと何処に出もいるフツメンのままってことです。

 

もし商品があるとか、
これから作りたい商品があるのであれば、
商品の単価を高くして、
ぜひその価値が伝わる発信をしてください。

「KEN’S CAFE TOKYO」のガトーショコラを買いたい方はこちら


僕は会社員しながらブログで最高月収300万円超えてます。

自分が勝てる市場を狙えるので、5時間ほど作業して300万円の収入を得たり

残業続きの同僚を横目に毎日定時で帰宅して、有給も遠慮なく全部使って自分の時間を楽しんだり、

収入が増えてから家事代行を使うようになって、家事をしない分の時間を自由に満喫したり、

自分のスキルで稼ぐことができるので、会社が潰れてもリストラされることもリスクではない状態です。

しかし、僕はもともと特別な才能があったわけではありません。

僕は学歴も高くなく、
何をとっても平均以下でした。

とても順風満帆とは言えません。

30過ぎまでずっとやりたいこともなく、
将来には漠然とした不安がありました。

34歳のときに学び始めたから今の生活があります。

元々時間もお金もない普通の会社員が、どうしてここまで時間も経済的にも余裕のある人生になったのかをメールストーリーにて配信していきます。

「今の生活を変えたい」
「あと数万給料を上げたい」
「将来に漠然と不安がある」

なんて以前の僕と同じように感じている人はぜひメルマガを読んでみてください。

例えば、

  • 月収300万円以上稼いで気づいた誰にでもできるたった一つのこと
  • ITエンジニアも副業でも成果を出している人の共通点
  • ライバルを一気に出し抜けてイージーモードになれる人とそうでない人の違い
  • 金持ちITエンジニアと貧乏ITエンジニアになってしまう違いの話
  • 不定期で届くメルマガ限定のPDFレポート配信

とか、経験してきたことを通して、

人生を逆転させるための思考をメルマガで伝えていきます 。(いつでも解除できます。)

【期間限定】「安定して収入アップしていくためのポートフォリオ戦略」動画セミナー無料プレゼント中!

 

※icloud、i.softbank、docomo、ezweb等のアドレスは届かないことがありますので、gmailやyahooのアドレスを推奨しております。

メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です